まーやのマは馬来のマ.to is a user on mastodon.to. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse.

まーやのマは馬来のマ.to @maaya@mastodon.to

でも脈絡なんかなくても楽しい話ができる時もあるな。

やはり彼らが、他人の話を聞くことがほとんどないからつまらないんだろうな。

女は頷き続けるためにいるんじゃないし、あなたの話を聞くためにいるのでもない。

って、いつになったら直接言えるだろうね。わたし。

もうほんとあれだよね。
AVとかスナックとかキャバクラでしか女の人と声を交わす機会がないのかなあって思うよね。

いつも自分の話。
自慢話、損した話、誰かと比べたときの自分の地位やなにかの話。
なんの脈絡もない。

今日の、職場のお食事会。
マレーシアに来て初めて日本人と晩御飯を食べた。

を、思い出さずにはいられない、日本人おじさんだけが話し続けて、20代女子だけが頷き続ける、苦しい2時間であった…。

止められないわたしも同罪である。はーあ。まだまだ日本人である。途中から、おっさんは無視して妄想グルメトークしてたけど。

gigazine.net/news/20100923_amb
Moreの救急車カレー。

店員さんが無料のうすいマンゴージュースを、グラスがあいたとたんに入れてくれるのが魅力。普通のカレーしかたべたことがなかったけれど、学生にやさしい値段のいたって普通のインドカレー。🍛

オクラをメインとしたUSA南部風カレーを作ったよ!さつまいもと大豆も入ったヴェジタリアンカレー。(ひよこ豆入れようとしたら1袋300円もしたから大豆で代用しちゃったw)やはりカレーは善い…。父と母のぶんも作ったけど味見してるうちに自分だけで本格的に食べちゃったよwこの人たち夕飯が遅い… #カレー報告

今日はエアコン無くてもええかなーとか思って窓開けてたら、日本の2倍くらいのサイズのゴッキーが華麗に飛び込んできたよ…うおお…
ルームメイトが退治してくれた…有難や…

あと、オーガニックチキンの砂肝が100グラム60円くらいに設定されててこちらもお買い上げ。何して食べよ!400グラム!

野菜コーナー、たけぇなあ…って思ってたけど、行く時間が遅かったのと店によるばらつきが大きすぎるのとが原因やと判明。

今日はクレソンをこれでもくらえ!200グラム!とか買っても60円くらいやった。やっほーいクレソンのお浸し食べ放題ー!

エアコン点検完了!!

フィルターの掃除、ほんまに効きが変わるのでおススメします。めっちゃ掃除してもらった。鬼の埃軍団であった👹
エアコン、昨日よりもだいぶ効きが良い。イェーイ。

熱交換器も高圧洗浄したらえんやろけど、まあとりあえずこれで。

ついでに、室外機の排水パイプの接続悪いのとか、扉の建て付けとか、キッチンの蛇口のグラつきとか治してもらった。

整備された道具は気持ちがよいね。

あしたはエアコンの外付けフィルター買ってこよ。

フランクフルトの駅前すぐのヴェジタリアン南インド料理店にきたお。盛大に皿からはみ出しているwちょっとだけカリッとした薄いナンとヒヨコ豆カレー、普通~なんだが、味はうまうま  mastodon.to/media/CH0hT-FM9Z8M

あーいろいろ落ち着いてきたら豆腐の味噌漬けで日本酒飲みたくなってしまった。
ねよう。夢で会いましょう…。

溜まっていた洗濯物を洗って干して、
枕とシーツを買って、
ニュージーランドで買ったペンギンを箱から出して、
肉を焼いて食べた。

生活って感じ。 mastodon.to/media/ANRUO03g76bm

涼しいって素晴らしいね…!
エアコン動いた!わーい!

どうも、激しすぎる雷対策なのか、重要機器の付近には個別にブレーカーがあるようだ。
バギバギドッガアアァーン
って、豪快に落ちるのよね。

エアコン、壊れた部屋やと思ってたら、ブレーカー落ちてるだけやった疑惑!

まあいいや。メンテには来てもらお。今日は涼しく眠れますように。

引越し完了!

夜景の見える窓の部屋で、トワイスアップのウィスキー飲んで寝よう。

おやすみ世界。

今の仕事。
朝8時からで、うわ、騙された!って一瞬思ったけど(たぶん日本時間で聞いてた)、終わるのは5時ぴったり。
研修もしっかりやるし、ノルマはないし(一応あるけど。お客様アンケートの満足度。低いからといってペナルティはない。)日々やり切りの仕事やし、今まで何やったんやというリラックスぶり。

日本円一万円で3カ月くらい通える英語クラス教えてもらったし、やりたい事はどんどんやるスタイルで行きたい。

あと、歯の矯正が安いんだって。日本の1/3とか。
微妙にすきっ歯なの、治しにいこうかな。

あしたはお引越し。
今のホテル、マットレスがカビカビしてるから早く移りたい。

にきたとの話で「議論」について考えている。自分の書いたものだけど以下再録。

「議論」について英語圏在住者による解説をもらった。

「日本語で『議論』っていうと『反対意見を述べる』と言うことでしょう。英語で『議論』っていうと『自分の意見を述べる』と言うことなんだよね。あと自分の気付いたこと、とかでもよくて、これはすごく(聞くのが)面白い。『あーそだったんだー』って思うのがいいんだ『議論』って」

…ということで、英語で「議論する」というと、反対意見や対立は別に要らないのね。あっても別にいいけど重要じゃない。そして一つの結論や意見にまとめる必要もない。幅広い、時には思ってもみなかった見地を含めて整理していくところが着地点かな。私が英語圏に居た間には、対立意見とか反論とか雌雄を決するとか場をリードするとかいうの一度も見たことがなかった。リラックスした雰囲気で誰もが思ったことを最後まで言えて、それにリプライしながらなるべくたくさんの人の述べることをシェアしよう、そして視野を広げて自分の意見を点検し直そう、という雰囲気だった。これが私の考える「議論」のイメージの基本になっている。

どうか彼が、頑張ることをやめて、自分という親友と仲直り出来ますように。

わたしと話したことが、仲直りの道へほんのすこしだけでもいいから、背中を押すことができますように。

休んで、回復して、また、空の青さを感じることが出来ますように。

日本は、どうしたら、人間らしく生きることが出来る国になるんやろうなぁ。

わたしが社会人として初めて大阪の街で働き始めたとき、同じ所属に2年上の先輩がいた。

土木作業現場で、工事現場で、疲れ果てて帰ってきて、でも10歳どころか、20歳も年上のベテラン先輩たちにできない話をよくした、戦友のような人です。

地元から彼女さんを呼んで、結婚しはって、かわいい子供さんもいてる。
スポーツマンかつ頑張る父ちゃんで、人の話を平等に聞いて、ガハガハ笑いながらビールを飲むのが大好きな先輩です。

その人から、突然連絡があってね。

会社辞めるって、どうかなぁ。って聞かれたんや。

ほんの短い電話やけど、たくさんわろてはったけど、わたしには、その夜眠れない苦しみや、かと言って、日々出社したところで、改善するどころか、益々泥沼のように悪い方にしか変わっていかない会社生活が、とてもよくわかって、居た堪れなくなってしまった。

半年、殆ど眠れてないんやって。
なんて痛ましい。我慢して我慢して、辛くて、ふと、わたしが海外にいるって噂を聞いて、連絡くれたんやって。

大丈夫ですよ。会社変わっても死なないですよ。でも、鬱では死んじゃうから、早く休んでくださいって、言って電話を切った。

スパイスありがとう…

マトンのビリヤニも食べてきた。
店員さんに、昨日も来たやろ?ウェルカームってニヤニヤされた。

このラム…羊って旨いよね…旨み…


mastodon.to/media/MnfeiyodwWoq