はいぺ is a user on mastodon.to. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse.

はいぺ @hppp@mastodon.to

v1.5.0 にアップデートしました。

はいぺ boosted

なんとなく自信ない、と思う人は今すぐ自信持っていいよ、人間として生まれたから。俺も許すし、憲法も、神も許してるんでしょう? 生きてるんだもの。自分が生きてあることに自信持とう。

特定の分野で自信ない、というのとは別の話として。

このインスタンスのサーバーは、アメリカに置いています。

はいぺ boosted

mastodon_admin_tips は mstdn.jp/tags/mastodon_admin_t らへんでまとまってます(流速が増えたら知らぬ…)

はいぺ boosted

@hppp ぎゃははは今検索したらまだ記事ありましたわ10年前の記事です→ blog.goo.ne.jp/t-i801025/e/c06

はいぺ boosted

@hppp ははは当時「複数説」に対しては「目玉は全部で21人いる。」と返答し、日記ブログにもそう書きました(笑

はいぺ boosted

@hppp これらの紙につけられた線の長さと角度とそれらの持つ法則を一つ一つ言葉で言い表すと気が遠くなるほどめんどくさいですが、折り紙だと一目瞭然です。

はいぺ boosted

@hppp 言葉にするとややこしくなります。私は言語が苦手なので紙を使って視覚的に納得して初めて理解に至ります。例えば、ユークリッド原論で説明されていた幾つかの定理は線と紙に現わされていると思います。→ blog.goo.ne.jp/t-i801025photo/

はいぺ boosted

@hppp 私はものを考えるに言語はあんまり、いや殆ど使っていないかもです。例えば、Twitterのお仲間でユークリッド幾何をお子さん達に教えておられる方が定理を解説し図を描いてそれは凄い努力して子供達に嫌気が差さないよう教えておられます。しかし何せユークリッド幾何の原論ですから言葉が難しい。言語化された文章を見てもめんどくさ過ぎて全然入ってきません。で、図を見ると、あっこれは折り紙の折り方のあれだ、と一瞬でわかるのです。頭の中で言語をこねくり回さずとも折り紙一枚見て一瞬のうちに納得し、そこから別の定理が展開したりします。その点で、言語はものを考える時に私の場合はあまり役に立っていません

僕はというと、非言語で思考してる部分が大きいですね。

思考には、言語によるものと非言語によるものがあると思うのだけど、言語で思考する傾向の強い人が多数なように見える。
そういうタイプのマルチリンガルだと、多重人格であるように自他から観測されるのは当然ですね。

対照的に、非言語で思考する傾向の人は、自分の人格も非言語の存在であると自認していて、言語はコミュニケーションや記録のための記号という性格が濃いので、個々の言語人格はペルソナにすぎないとどうやら感じているようです。

はいぺ boosted

言語についてとりあえずメモ(息切れ終了💧) Show more

私は私。他の人に左右される謂れはないです。

自由に遊んでもらえると嬉しい

はいぺ boosted

www だんだん良い感じにどうぶつの森っぽくなってきたwww いや、どうぶつの森はこんなんじゃない!って分かってるんですけど。ガメ語録から引用するなら、「みんなで遊ぶべ」ってことね

はいぺ boosted

ふと、わかった感じがしたこと。

必要なのは否定ではなくて、肯定かと思った。

この、「正しいことが出来ない人を勇気づける必要がある」。

この正しい人は、幼少時の姿のまま、内側で、自分は間違っていると、勘違いしたままうずくまっている。

その正しい人を救い出す必要がある。

問題は、その正しい人を立ち上がらせることにある。

「何もしなかった事が悪いことである」というアプローチでは、逆のメッセージが潜在意識に届いてしうのではないか?

実は、その正しいことをする人は、まだ生きてそこにいる。窓から、外を見ている。

『「正しいことをしなかったこと」が、間違っている』というと、その正しい人に、二重の否定が、届いてしまうのではないだろうか?

論理的には、否定の否定は、肯定だが、潜在意識には、2倍か、2の2乗=4倍くらいの否定、登場禁止のメッセージになる気がした。

なので、その正しい人に、肯定のメッセージを送るようなプロセスが最初に必要なのではないか。

その後で、内なる真理に反するものが来た時に、考えることもなく、臨機応変に対応するすることが起きるのではないか?

はいぺ boosted

米国のホームパーティやら、職場では、良く各自が食べ物や飲み物を持ち合うPot Luck Partyたるモノが良く行われます。料理を持ち寄ってセルフスタイルで楽しむって感じです。

ホスト役は、場所提供と誰が何を持って来るか割り振りしたりね…割り振り役が無いと料理やらが偏ったりしますからね。

自慢料理を持ち合う訳で、人によってはデザート担当を申し出たりね… 私も良く呼ばれた時は誰が出て来て、全員に食べやすいやら、温め直しが出来ない場合を想定するとかね。

私にとっては、SNSやこの場はPot Luck Partyみたいなんです。それぞれの得意料理(知識、情報、意見、質問、問いかけ等)を持ち寄って楽しんで、お互いに学ぶとかね。議論が熱く成るのは多いに結構ですがある程度のお気遣い等は必要かと思います。

また料理は全部食べないで良いしね。露骨に不味い!とか言うのは行儀が悪いでしょう。好きなもの、興味のあるものを食べたり、話を聞きたい話を聞けば良いしね。もうお腹一杯で帰りたければ先にお帰り頂いても構わない。嫌いな人・苦手な人の話は聞かないで良い。

こんな感じでしょうか?

v1.4.3 へのアップデートが完了しました。

マストドンの v1.4.3 がリリースされました。カラムのカスタマイズ、アカウントの削除などの機能が追加されています。

日本時間6月16日午前3時からインスタンスのアップデート作業を行う予定です。サーバーに繋がらないときは、時間を置いてから再度試してみてください。

はいぺ boosted

ブロック自体はさておき、ブロックするという宣言はDV/モラハラ的で政治的な行為。信頼できるコミュニティを作りたいのか、家父長制空間をつくりたいのか。 @nashisugawa