Follow

ニュースは情報の総体なので、包括的に読むことではじめて真実の全体像が推測でき、予想が立ってくるものだけど、日本語のニュースは(1)情報の断片そのまま、(2)誰かがニュースを読んだ感想、(3)誰かの空想、(4)読み手を誘導・扇動しようとする言葉、などが入り交じったものをニュースと呼んでいるみたいなので、だいたい正しい像がちんぷんかんぷんになり、結局はふつうの国で書かれた日本語ではないニュースを読むことになる。

なんというか、日本語ニュースから社会の事実を知ろうとするのは、ジグソーパズルのごく少ないピースがばらばらに落ちていて、それ以外のパズルのピースも散乱してる机を見て、元の絵を当ててね、というゲームをさせられてる感じ。

他の言葉のニュースだと、読んでいけば自然と脳内で一つのジグソーパズルが組み上がってくる感じ。英語でもドイツ語でも中国語でも、その感覚はわりと同じ。

@arara 俳句を発見しました!
『なる。なんと いうか、日本語 ニュースから』

Sign in to participate in the conversation
mastodon.to

mastodon.to is one server in the network