あ゛ー…Europa Universalis IV を…我がポルトガル超帝国を…プレイできてないぃぃぃ…だって睡眠時間削って遊ぶのは楽しみの効率が悪いんやな…いや、単に年取ったんやな…明が滅びたあとの中国がどうなるかも見てないし、架空の歴史におけるロシア帝国摂政大公ゲオルギーとポルトガル皇帝ジョアンVII世との戦いもこれからだ!(打ち切りフラグ

.jp とかwww 終了www .to トンガサーバー勝ち組すぎわろたwww うちらwww最強www 【マストドン「mstdn.jp」、6月30日に終了 「中傷に対する法制強化に対応できない」 itmedia.co.jp/news/articles/20

Europa Universalis IV は…買うのは…失業する予定があるなら是非!って感じw 遊ぶのに時間がかかりすぎるw 一方でゴールというものがないので日々20分ぐらいずつ、ちょびちょび 遊ぶプレイスタイルも楽しいかもしれない。いろいろ遊び方はある。他と競合しない小国の君主として世界の400年を安全地帯から見守るとか。近所の大国と同盟しておけばなお安心。島国ならなおヨシ。たとえばマルタ騎士団とか。地中海なので、オスマン帝国が侵略してくるおそれはあるけど適度に危険で緊張感もあってヨシ。ビザンツ帝国みたいに、開始30年以内に絶対に滅びる国もあるけど、そういう国でプレイしなければたいてい生き残ることはできる。

うおォン俺はまるで人間火力発電所だ!
さぁ君も!(家から一歩も出ないで)世界征服してもうひとつの歴史に欧州超帝国を打ち立てるのだ!リアルを超えたリアル!世界史シミュレーションゲーム『Europa Universalis IV』!steamにて 75%off のセール中!いまならたったの995円!サブスクサブスクゥ!!!

mastodon.to/@10sigma/104170235

うおおんとうとうこの時がきた!
EUROPA Ⅳ がセール対象に!
この機は逃さないぜ

Heinrich von Kleist, Sämtliche Werke und Briefe
ハインリヒ・フォン・クライスト 全作品と全手紙
まだ丸ビルにゲーテ書房があった頃に安く売ってたので買ったやつなんだけど一生読み終わんねーなw クライスト全部入り。こういうぶっといペーパーバック好きなんですよ。結局大宮先生のところで3年生の時も4年生の時もクライストの『ホンブルクの公子フリードリヒ Prinz Friedrich von Homburg』を訳しながらこの戯曲のラストまでみんなで読み終わった。たいていはすぐ頭に血がのぼる人たちが運命の力に敗北して破滅する姿が描かれてる。クライストはこのギリシャの血を受け継ぎつつ近代から現代に向かう時代にちょっと100年ぐらい早く産まれちゃったかな〜って感じの作家。やっぱり古典ってすごいなって思うのは人生の色んな時期に読んでその時ごとに新しく感じるっていうこと。このぶっとい本を旅行とかで持ち歩いているので、いつかは全部読み終わるだろう。2000ページぐらいあるけどwもし読み終わったらもう1回最初から最後まで読んでもやっぱりまた新しいと思う。

児嶋都『怪奇大盛!! 肉子ちゃん』

見よ!このレトロな表紙デザイン。ジャンルはなんていうかナンセンスホラーギャグ少女漫画(?)。この寓話的教訓的ホラー物語の内容を一言であらわすなら、無垢と完全な善意のもたらす破滅ということで、「食べるのが大好きでちょっと健康的に体重が多いだけ」のさすらいのダイエット少女 大森似久子が「いろいろな人とお友達になりたい」がために引き起こされる日常の破壊と再生。「肉子じゃないもん! 似久子だもん!」が決めゼリフw 肉子はどんな状況でも100%善意に満ちていて、悪い子ともきっと仲良くなれると信じている。本当にいい子なんですよ肉子は。肉子かわいいよ肉子。どれくらいいい子かっていうと、肉子はどんな嫌がらせを受けても、自分に善意しかないためにその悪意を悪意と認識することすらない。そしてあふれんばかりの食欲ですべての問題を解決してしまい、悪い子は自分の悪さによって勝手に破滅する。肉子は自分が「ちょっと(ちょっとではない)」太っているからまた人と仲良くできなかったと失望して去るのだが、でも肉子の完璧な善意は破滅を迎えた悪い子にも一縷の望みを残していく。

真面目さと信仰心によるものではなくて、むしろ最初の法悦を思い起こすために日曜日に教会行くのいいなーと思った時ちょうど、どこの教会も閉鎖になったので、私はまったく礼拝を体験したことのない野良信徒のままなのだが、youtube でライブで礼拝の講話をやってくださる牧師がいてツイキャスまでやってるので見てる。じわじわ善い。殉教を予告し祝福するイエスに対しヨハネのことを気にして気が散ってるペトロw この一節は最後がとてもいい。ヨハネ福音書の最後で四福音書の最後。イエスの復活と弟子たちの祝福を描き終って、そのわざの無窮なことを述べる。 

イエスのなさったことは、このほかにも、まだたくさんある。わたしは思う。その一つ一つを書くならば、世界もその書かれた書物を収めきれないであろう。 
−−−ヨハネによる福音書21.25

【ヨハネによる福音書21章15~25節「それぞれの道を」 youtu.be/QWukG0WMjXM

oh ニッポン!ってな風景でじわじわきてグーグルマップとか見ちゃったんだけど、美しい風景は別に人間が作ったものじゃないからなー いかに人間が醜くても愚かでも風景は勝手に美しいのだった。願わくば風景にふさわしい人間になりたいけれども。「富士山は天然自然に昔からあったものなんだからしかたがない。我々がこしらえたものじゃない」っていう漱石的ぼやきが思い出されてしまう。  mastodon.to/@Remote_Presence/1

数日前、コロナで県の行政が煩くなる前に浦富に行った

ドイツ語の doof ドーフ が馬鹿っていう意味なので oaf オーフ も語源一緒かなと思ったけど doof は英語の deaf と同じ語で「耳が聞こえてない→話を聞いてない→アホ」っていう語義変遷だった。対して oaf はなんと elf エルフ が語源で、エルフといっても耳が長くて文明が高いファンタジーのやつじゃなくて醜い妖精の類で、不細工な外見の自分の子どもと人間の可愛い赤ちゃんとを取り替えてさらっていくやつ。そんな「取り替え子のごとく出来損ないの見苦しいアホ」が oaf。「無骨者」なんて訳どっからひねり出したんだろうな。 mastodon.to/@edrine0509/104080

oaf の意味が、Cambridge Dictionary だと、 
a stupid, rude, or awkward person, especially a man:
アルクだと、
〔特に男性の〕武骨者

日本、馬鹿男に甘すぎる

福音書と使徒言行録を読んでても、イエスの弟子たちは意外とキャラ付け薄くてそんなに個性出てないのだけど、ペトロだけ例外的に何回も登場してて、福音書記者たちは「弟子といえばやっぱりペトロさんだよな!」と思っていたのかもしれない。元漁師で一番弟子、イエスが預言にあるメシアだと最初に信じた。カッとなりやすい質で、イエスを捕えに来た連中に対して唯一暴力で対抗して一人の耳を切り落としたり(武闘派!)、イエスがへりくだりを教えるため弟子の足を洗えば「ダメですそんなの!」と拒み、「それではあなたは私と関係ないものとなる」と諭されると「マジっすか!?じゃあ手も頭も洗ってもらっていいッスか?」と調子に乗る。復活したイエスをそれと気付かないままその指示に従って漁をすれば大漁で、ヨハネが「いまアドバイスくれたあの湖岸の人、イエスでは?」と気づくと「主ぅぅぅ!パネェっす!!!主パネェっす!」と船から飛び降りまっさきに泳いでいく。「牢屋も死刑も主と一緒なら怖くないッス!」と言った舌の根も乾かぬうちに逮捕を恐れて「イエス?誰ッスかそれ?」ととぼけても、鶏の鳴くのを聞いてすぐ激しく悔いて泣いたり。少年漫画の主人公。

イエスはエクソシストなんだよ。ひとこと「この人から出ていけ」と命じるとどんな悪霊でも退散する。別の人がイエスの名を借りて命じるだけでもたいていの悪霊が逃げ出す。

イエスはガリラヤの町カファルナウムに下って、安息日には人々を教えておられた。人々はその教えに非常に驚いた。その言葉には権威があったからである。ところが会堂に、汚れた悪霊に取りつかれた男がいて、大声で叫んだ。「ああ、ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」イエスが、「黙れ。この人から出ていけ」とお叱りになると、悪霊はその男を人々の中に投げ倒し、何の傷も負わせずに出て行った。人々は皆驚いて、互いに言った。「この言葉はいったい何だろう。権威と力とをもって汚れた霊に命じると、出て行くとは。」こうしてイエスのうわさは、辺り一帯に広まった。
−−−ルカによる福音書 4章31節 − 37節

ゲラサの地に住むある人が悪霊に憑かれていて、岩に鎖で繋がれている狂人だった。鎖をしょっちゅう引きちぎっては裸で野山をさまよい、岩に頭をぶつけたり叫んだりしては人々を恐れさせていた。この人はイエスが来るのを見ると遠くから駆け寄ってきて「いと高き神の子イエスよ!まだその時ではないのに来て私を苦しめないでくれ」と乞うた。イエスが悪霊に名を尋ねると悪霊は「我等の名はレギオン(軍団)。大勢だから」と答えた。イエスは「汚れた霊どもよ、この人から去れ」と命じた。そして悪霊たちが「どうしてもというならあそこに見える豚の群れに乗り移らせてくれ」と願うとおりにすると、悪霊の群れは憑かれた人を去り、豚の群れに取り憑いた。豚の群れは皆、湖に飛び込んで自殺した。悪霊から解放された人は服を着てイエスの前に座り、イエスの話を聞いた。それを見たゲラサの人々はかえってイエスを恐れ、イエスにこの地方から出ていってほしいと頼んだ。悪霊から解放された人はイエスと一緒に行きたいと願ったがイエスは「この地で主があなたを憐れんであなたにしてくださったことを人々に伝えなさい」と言った。イエスのわざはことごとく伝えられた。

村長のおかげで治安が良い。どうぶつの森の新作来てるしー😙

わたしたちは人を欺いているようでいて、誠実であり、人に知られていないようでいて、よく知られ、死にかかっているようで、このように生きており、罰せられているようでいて、殺されてはおらず、悲しんでいるようで、常に喜び、貧しいようで、多くの人を富ませ、無一物のようで、すべてのものを所有しています 。
−−− コリントの信徒への手紙2 6章9節

@hppp はいぺさーん、ちょっとスパムきてんよ〜 設定変えた?

虫バスターの役割が回って来るとは

虫現れる → きゃー とか うわあ! → 皆さん固まる → なぜかわたしを見る → 虫移動 → 再び悲鳴 →なぜかわたしを見る

Show more
mastodon.to

mastodon.to is one server in the network