カイセー👺Staffel2 is a user on mastodon.to. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse.

カイセー👺Staffel2 @Ksyzr@mastodon.to

どこにでも楽しみはあると述べるローレンス・スターン『ヨリック氏のフランス・イタリア センチメンタル・ジャーニー』の美しい一節。「もし他になければ、せめて美しい天人花の樹にでも愛情をつなぎとめるとか、私の愛情を注ぐに足る、愁いを含んだ糸杉でも探すでしょう」と言うが、天人花 myrtle はイギリスではそれほど見ないのか、南欧や地中海の花というイメージらしい。前段で「ダンからベールシェバまで」とパレスチナの地名を挙げているので、それを受けて。

—if I could not do better, I would fasten them upon some sweet myrtle, or seek some melancholy cypress to connect myself to;—I would court their shade, and greet them kindly for their protection.—I would cut my name upon them, and swear they were the loveliest trees throughout the desert: if their leaves wither’d, I would teach myself to mourn; and, when they rejoiced, I would rejoice along with them. (Laurence Sterne "A SENTIMENTAL JOURNEY THROUGH FRANCE AND ITALY; BY MR. YORICK" )

I pity the man who can travel from Dan to Beersheba, and cry, ’Tis all barren;—and so it is: and so is all the world to him who will not cultivate the fruits it offers. I declare, said I, clapping my hands cheerily together, that were I in a desert, I would find out wherewith in it to call forth my affections:

中国語発音クラス、教室形式で生徒6人で、90分授業なんだけど、50分丁度で集中力が切れる。

英語以上に頭使って発音してるからか、無茶苦茶エネルギー使う。
授業前にうどん食べたんだけど、終わってから、ラーメン食べた。

あと、運動神経いい人って、発音得意なんかしら、と思ったりした。

ママチャリの後輪外すの意外とたいへん。でも自転車のチューブとタイヤの交換楽しい。錆びきって山もかけちまったネジをペンチで回して外した快感プライスレス

@yotii23 人と人がけっして心底からわかりあうことも何かを分かち合うこともないという冷え冷えとした認識から発生する一切の甘えのない変態(教養あり)の世界は美しくて本当に最高。

川端康成なら短いし内容がとんでもないので『片腕』おススメですよ。日本が世界に誇る変態文学作家!

両親がいまだにブラウン管のテレビ(!)を見てて、画面端の文字が切れて見えなかったり画質が荒くて字幕が読めなかったりする。でも自分たちが死ぬかこのテレビが壊れるかどっちが先か、それまで絶対に買い換えないとか狂ったこと言い張ってて老人なので頑固。目に悪いし疲れるだろうに意地。仕方がないから私のユーロ貯金から新しいテレビを買ってやろうかと思ったんだけど、加入してるケーブルテレビ局のセットトップボックスにHDMI出力があるので、モニタがテレビ受像機である必要がなく、パソコンにつなげる普通の液晶モニタを買えばいいのだと気づく。1万円もしないような新しい液晶画面でどんなテレビ番組でも見られるのだ。でもそういうのが分からず「よく分からないライフハックやめて、やっぱり普通のテレビがいい」と変化を嫌がり、高い液晶テレビを買い直すだろうことが容易に想像できるのがなんだか情けない。
ケーブルTVで映画とかナショナルジオグラフィックチャンネルとか面白い番組あんのに、いまだにこれ↓でNHK見てんだよ…。やべぇ! mastodon.to/media/AcWqWtHVX4QU

『ゾンビランド』つまんねーなと思いながらやっと最後まで見た途中で何回も寝てしまった。最後の30分でやっと面白くなった。やっぱり登場人物が魅力的でないといけないんだよね。 具体的にはヒロインが可愛くないと面白くない。それがこの映画はヒロインが主人公たちを騙して車を盗んで 逃げていく。 しかも2回も。 それで行く場所が遊園地でゾンビがぞろぞろ集まってくるところにわざわざ遊びに行く。バカすぎて腹が立つ。そして顔が好きじゃない。 だから全然面白くないなーと思って見てたんだけど主人公がオタク青年が この女とセックスしたい一心で生き残るために守ってきたルールを破る。それで男になるというところが 結構グッときた。 ただのクレイジーな奴だと思ってた仲間の男も 息子を失った悲しい男だったってわかるのがすごく遅くて これまでは犬が死んだんだと思ってたのが息子が死んだんだってわかって悲しくなる 。それぐらい後の方になってやっと感情移入ができてくる 。劇場で見てたらつまんねって出てくることはよっぽどのことじゃないとないけどテレビで見てると途中で見るのやめることも多いから、今回は見るのやめなくてよかった。

今日の英語:朝早口先生とカラン1コマ、通勤時のはじめてフィリピン先生フリートーク。
はじめての先生は、超おしゃべりでうける。

今日は「はじめてのあいさつ、朝のわたしのタイムスケジュール、子供(彼女の甥っ子たち)」について話しました。

昨日米国人の人が話す上級日本語のYoutube見たんだけど「いつも日本の人に聞かれること」特集みたいなのやっていてわろた。わかる。わたしも初めての先生と話すこと聞かれることだいたい同じで、飽きてきた。
「なんで英語やってるの?どれくらい?今歩いてるよね、仕事?何時から仕事始まるの?仕事はどんなことしてるの?+そこはどこなの?子供はいくつなの?」ただ、飽きるほど答えてるがゆえに、説明、すこし上手になってきた。

楽器屋とホームセンターと電気屋と三つ行きたいところがあって ちょうどいいのがこの辺だったんですごく久々に大通り公園に行ったんだよ そしたらさものすごく顕著だったのが ホームレスの人が全くいなくなってた 前はもっと きたねえじいさんとかごちゃごちゃいて いかにも治安悪そうな感じだったんだが ベンチなんかも全て、横になって寝られないように いらない突起がついてて 公共空間の 浄化が行われてた これは邪悪なことだよ 釜ヶ崎の労務者のセンターが建て替えで追い出しがあったりとかしてたけど 全国でそういう浄化運動が行われてる のではないかという印象が強くなった 横浜は東京よりはだいぶマシだと思ってたんだが そういえば大岡川に繋いだ船の上に住んでた人とかもみんなどこかにいってしまった

ダブルトールヘーゼルナッツラテウィズホイップヤサイマシマシニンニクカラメおねがいします。

やっぱホームセンターっていいなー ヒートガン買いに行ったんだけどあれだけ雁首揃えて巨大な 店舗をやってるくせにヒートガン一本ないってどういうことだ!?… やっと見つけたら1万円とかであったりするし それはつまり それぐらいの値段のおかないと 場所を取って置いてあっても商売にならないってことなんだろうなーと思って 結局ヒートガンを買いに行ったのに買わずにカッコ良いコーヒー買った。 帰り道ですごい良さそうなコーヒーの豆の店があって初めて入ったら えらく本格的な 生豆から売ってる店だったんだけど 賑わってて、普通の住宅街の普通の店なのに超専門店だった。初心者向けかなーっていう手頃なインドネシアのを買って 焙煎して挽いてもらって待つ間にアイスコーヒー出してくれて、 鞄に入れて帰ったら 鞄の中コーヒーの香り一色ですよ中の物全部。 これ飲んだら一晩寝られないだろうな。 mastodon.to/media/hVqwPyxuvWGO

2010年に私がドイツに行った時ちょうど Google ストリートビューが導入された時代で ドイツにおいてストリートビューは許されるのかってめちゃくちゃ議論してた。新聞でも、もう連日 Google はドイツで何をする気だという話ばっかりしてて やっぱり USA 発祥のサービスだっていうのもあると思うしああいうグローバル化に対する抵抗勢力みたいのはあるんだよね。 資本主義っていう点ではドイツだって EU の銭ゲバ大国なんだけど やっぱり ああいうアメリカンIT企業に対する不信みたいなのが根本にある 。私の日本語教室の弟子のドイツ人会社経営者も 絶対 Microsoft には個人情報を送らねぇとか言って そのためにいろいろ 迂遠な努力をしてる 。でもそういう自分専用のプライバシーポリシーって持っとく方がいいよね絶対。

ちょっと愚痴。
LINE使わないっていうチャレンジをもう何年もやってる。「便利だから使いなよ~なんで使わないの?」っていってくる人がいる。ひどい人になると「中学校に子供がなったら、子どもにそのせいで不便させると思う」って脅しっぽいのまで。
まぁ、今の世の中それはそれで真実なのかもしれない。

どうして、学校の連絡のために、LINEにメッセージの内容知られてマーケティングに使われないといけないんだろ?って思う。無料ってそういうことで、自分たちのデータを提供してるから向こうはそれを金に変えてお互い様になってる。使用している人は意識してるのかなぁ、意識しないような作りになってるのかなぁ・・・便利でお安くなるからいいのかな。

Facebookメッセンジャーは使ってるから、一緒やんと言われたら一緒だけど私はLINEに自分のデータを開示したくないんだよね。それを「あさこさんのわがままやん」と言われるのは違う。選択できる世の中になるといいな。

ずっともやもやしていたことが、少し言語化できた!

最近スマホから入力することが増えて音声入力をよく使うようになったんだけど( だってぼちぼち打ってたら時間かかってしょうがないじゃん )以前は全然使えないなあと思ってたのが今日あれって思うぐらい入力速度になっててこれ、もタイピングの技術が無に帰してるよね 昔からキーボードっていうのは人間にフレンドリーじゃないインターフェイスだなあと思ってたんだけど 今やキーボードは 20年以内に廃止される という確信になった そしてこの気づきは 英語とドイツ語の発音を良くしようという大きなモチベーションに繋がる。かなりいい感じで入力してくれるんだけどやっぱり日本語と比べると認識される精度が違う そして精度の問題を除けば速さっていうものすごく偉大な利点があるから これはどの言語でも絶対に使うべき技術だよね これは確かに使い始めると戻れないって日本語教育の村上先生も言ってたけど本当だよ めちゃくちゃ速い 前から使ってる人にとっては今更って感じだと思うんだけど 今日デスクトップで Google ドッグスの方でも試したんだけどやっぱりものすごい精度になってるんだね、 学習がものすごいことになってる

今、『小笠原諸島の混合言語の歴史と構造−日本元来の多文化共生社会で起きた言語接触』ていう本読んでる。やばい面白すぎる 小笠原の諸言語というのが単純にクレオールとも言い難いということが分かってきた。何十にアスペクトがあって この本の中ではクレオロイドっていう言葉が使われてるんだけどピジンの段階を経ないで 準クレオールになったのがボニン・クレオロイド英語で、 それより後に日本の八丈島とかから移民してきた人たちの日本語をベースに小笠原混合言語 が形成されて それは日本語の中に英語の語彙が大量に取り入れられてるんだけど これもクレオールではなく 混合言語 すなわち接触言語の一つであるということらしい。 もともとコミュニティがたいへんに小さいのに多様で しかも支配的標準語が英語日本語英語日本語と何回も入れ替わったことから 普通の意味でのクレオールというのは 形成されなかったっぽい。 まだ安定したピジンすら形成されないうちに 子供達が 唯一の共通語であるピジンを 母語にしてしまい クレオールでは見られるような 構造的な変化は なく 元になった言語もダイグロシア状況で併存していた。

『マローボーン家の掟』は、まず引き込まれるのはなんといっても映像の美しさと、その美しさによって増幅された不穏さなのだが、いかなるホラー映画にも必要な要素はもちろん欠いていない。恐怖に絶叫するヒロインである!怖いと叫ぶその顔のほうが怖い!そこがいい!というわけで並べてみた。伝説の二人と、ホラー女優としてのキャリアを着々と積み重ねているミーア・ゴス。彼女こそ、自らの容貌と表情と演技によってファンたちを恐怖のどん底へと放り込んできたシシー・スペイセクやシェリー・デュヴァルのような不滅のホラーヒロインたちのまさに直系の娘。ホラーは顔だという確信を強める最高に素晴らしい絶叫だった。『マローボーン家の掟』公開中!ミーア・ゴスの絶望が大画面で見られるのは映画館だけ! mastodon.to/media/VBb6iKF1LVoS

職場の人がくれました 。電池ナマズがめちゃめちゃかわいい。 mastodon.to/media/NbTUKbQltHrl